山口県小児科医会について

会長あいさつ

2014年4月1日付けで山口県小児科医会会長を拝命しました。

諸先輩ならびに鈴木英太郎先生、砂川 功先生、金原洋治先生をはじめとする歴代会長に優れたリーダーシップを発揮して頂いたおかげで、山口県小児科医会の活動は全国から高く評価されております。「小児科医による1か月健診」を基盤にした”1か月健診ガイドブック”にも全国の医師・医療スタッフから関心を得ております。これまでの多彩な成果をさらに磨くため、これからのより良い小児医療サービスを目指してProfessional Partnershipを実践するために本会会員一丸となって取り組む所存でおります。

人口減少時代に突入したわが国では、2040年になると870以上の自治体が消滅すると推測されています。人口が減ることによりが今後の医療施策・医療サービス提供体制がどのように変わるかについては誰も正解を示すことができません。しかしながら、医療サービス提供体制の効率化に努めること、日進月歩とも言える医学・医療技術の修得・更新を続けなければならないことのできる能力を涵養しなければならないことは確かです。

日本小児科医会では、『成育基本法』の制定と『地域総合小児医療認定医制度』の実施を大きな目標として掲げています。いずれも、「子どもと家族を守る」ことを念頭に置いたもので、日本小児科医会会員のみならずわが国のすべての小児科医が協働することが求められております。「総合診療専門医」の登場を受け入れて、’小児科医のアイデンティティ’(小児科医は子どもの総合診療医であること)を広く国民にアピールするための資格としての『地域総合小児医療認定医制度』の実施には、認定医制度単独ではなく『成育基本法』制定との連動が求められます。このためにも、一人でも多くの先生方に「日本小児科医連盟」に参画して頂くことが必要です。

山口県のみならず全国の小児科医・小児医療チームとの連携を拡充することを目指して、浅学非才ではございますが、微力ながら誠心誠意努める所存です。

何卒よろしくご助力・ご支援・ご指導の程お願い申し上げます。

山口県小児科医会会長 田原卓浩